悩み・トラブル

飲食業の社員(男性)の離婚率が高いのには意外な理由があった!?

離婚画像

”離婚”・・ひと昔前はめずらしいものでしたが、現在は年に約60万件の婚姻届けに対して、約20万件の離婚届があり、3組に1組が離婚すると言われています。

その中でも離婚率が高いのが飲食業

すでに結婚している人はもちろん、これから結婚を考えている人も、ずっと夫婦を続けていくことができるのか、将来が不安だという人も多いのではないでしょうか?

最終的には、その夫婦の信頼関係ではありますが、「女性がどういった理由で離婚を切り出すのか」を理解していなければ、防げることもふせげなくなってしまいます。

自分は大丈夫だと思っているほど、その兆しには気が付かないものなのです。

飲食業の離婚率が高いのは本当?

厚生労働省の職業別離婚率
※参照元:厚生労働省の職業別にみた離婚

少し古い資料にはなるのですが、厚生労働省の調べによると、無職を含まなければ、管理職に次いで、2番目に離婚の件数が多い”サービス業”に飲食業は含まれます。

サービス業という大きいくくりの中ではありますが、3位以下とはかなりの差がありますので、飲食業だけで考えても、決して低くない離婚率だということが伺えますよね。

ジュンイチ
ジュンイチ
ちなみに約4割の人が、5年以内に別れるようです。

実際に飲食業界で20年以上働いてきた筆者も、離婚している人の多さは目の当たりにしてきましたから、飲食業で働いている人の離婚率が高いのは本当だといえます。

なぜ飲食業の夫を持つ妻は離婚を選ぶのか?

飲食業の労働条件が良くないことは周知の事実ですから、離婚率が高いのも仕方がないことかも知れません。

・給料が少ない
・労働時間が長くて不規則
・休みが少ない

ですが、それをわかったうえで結婚したのに、なぜ離婚が多いのか気になりますよね。

飲食業の夫を持った奥さんが集まる掲示板から、元奥さんが語る”離婚した理由の口コミ”を集めてみました。

 

共働きで私の方が収入があるのに、家事をさせられるし、深夜の帰りを待っとくように要求されるのが苦痛だった。
労働時間が長いから子供ができたら、自分一人で育児をしないといけないと思うと不安過ぎた。
貯金をはたいて自分の店を持つと言い出したので、ソッコー別れました。
新婚旅行にも行けず、休みは月に1回ぐらいだったので、寂しくて2年後に離婚しました。
大学生のアルバイトと浮気をしたので、慰謝料貰って即離婚!

 

これらの口コミを含め、それ以外に離婚に陥る原因をまとめました。

収入格差

男女平等の社会とはいえ、一般的には男性の方が平均収入も高いわけですが、夫が収入の低い飲食業だと、奥さんの方が収入が多くなることも少なくありません。

悪いことではないのですが、女性は男性に自分よりも稼いでほしいと思い、男性はプライドが傷つくと感じることがあるのも事実ですから、離婚の原因にもなり得ます。

 

労働時間と休日

労働時間が長いだけではなく、シフト制によって働く時間が不規則だったりするので、ほとんど顔を合わせることがなくなることもあります。

その上に休日も少ないので、夫婦間のコミュニケーションをとることができなくなり、離婚に至るわけです。

ときには旅行だってしたいと思うのは当たり前ですし、世の中では育児を夫婦で分担するのが、当たり前の流れになっていますから、子供がいると、土日、祝日に休みを取ってほしいと願う奥さんも多いようです。

 

将来に対する不安

飲食業は給料が少ないだけでなく、退職金をもらえないことがほとんどですし、いつ会社が傾いてもおかしくないので、不安は絶えません。

いつかは独立して店を持ちたいと考える人も多いと思いますが、借金を背負うことや、自分も働かないといけないのかということに女性は不安を感じていたりもするのです。

 

浮気などの女性問題

常に若いアルバイトの女の子が入ってくるような職場も多いですから、男性が思う以上に、嫉妬や心配などの気苦労が堪えないという奥さんも多いようです。

社員ならアルバイトを指導して管理しないといけない立場ですから、いろんな意味を含めて軽率な行動は控えるようにしましょう。

 

ギャンブル

平日の休みに一人で過ごす癖がついていると、パチンコなどのギャンブルが趣味という人も多いと思います。

一概にダメとは言い切れませんが、それはパートナーである奥さんの同意があった場合の話で、お金の使い道は話し合って決めなければ、離婚を切り出されても仕方がありません。

 

飲食業でも夫婦仲がうまくいく秘訣は?

飲食業で働いていて、夫婦関係がうまくいっているのには、共通のパターンがあることがわかりました。

お金に余裕があれば、うまくいくと思う人もいるかも知れませんが、実際には経営者の離婚率は高く、貧しくてもうまくいっている夫婦もたくさんいます。

奥さんが精神的にタフであったり、理解があると、うまくいく場合が多いようです。

そこには旦那さんの気遣いや、不安を感じさせない人間性などもあってのことでしょうから、結局は夫婦の信頼関係が築けているかどうかがカギになるということでしょう。

 

とはいっても、なかなか難しいですよね。

具体的な不満につながる、給料や休日などの待遇面などを、改善することも考えてみたらいかがでしょう?

>>理想の職場で働きたい人が見るページ

まとめ

飲食業界で働く人の離婚率が高いのは間違いありませんが、それは飲食業の労働条件が悪いというだけではなく、間口が広すぎるので、いろんな人がいるということも考えられます。

結局大事なのは、人がどうこうよりも、自分たちがどうやって暮らしていくかですよね。

統計に惑わされる必要なんてないのですから、うまくいくために自分が出来ることをするのが賢明だといえます。

給料が少なければ、多いところを探せばいいですし、土日に休みたかったらそんな職場も探せばあります。

将来的にどうなっていたいのか?

そのために突き進めばいいのです。

 

今の職場に居て、それは達成することができますか?

>>高確率で理想の職場を探す方法はこちら