悩み・トラブル

飲食店の雇われ店長の給料はいくらぐらい?割に合わないと感じたら。

居酒屋店員

飲食店で店長になった。

いわゆる雇われ店長というやつだ。

多少給料は上がったものの、思ったほどの額ではない。

みんなこんなもんなの?

若いから?継続年数が短いから?

期待よりも給料が少ないと感じている人が多いみたいです。

自分だけ少ないのか気になりますよね。

 

いったい飲食店の店長の給料は、どれくらいが妥当なのでしょうか?

いくつもの飲食店を転々として、店長も何度か経験したことのある筆者が、リアルな雇われ店長の給料について説明します。

雇われ店長とは

自分が店のオーナー(経営者)で店長をしている場合をオーナー店長、会社や個人店で社員として働いて、店の切り盛りを任されているのが雇われ店長なので、一般的に店長といえば雇われ店長を指す場合が多いといえます。

飲食店の雇われ店長の平均給料とは

お金

求人の募集要項なんかを見ていたら、給料にけっこう幅があることが多いですよね。

例)月給25万~35万円以上

この場合だと、平社員が25万円で、店長になったら35万円ぐらいもらえそうな気がしますよね。

平社員の平均給料は約25万円なので、妥当な額だといえます。

では店長は35万円もらえるのかというと、その確率は低いです。

通常だと、25万円に店長の役職手当が3万円ぐらいプラスされるぐらいに考えておくといいと思います。

つまり飲食店の雇われ店長の給料は、28万円ぐらいが妥当ということです。

実際に、筆者もまったくその金額でした。

 

では~35万円というのは、どういう状況なのでしょうか?

店長は、売り上げが目標額に達すると、額に応じて報奨金がもらえる場合があります。

その最高額と給料を足すと、最高で35万円ぐらいになるという意味だと考えるのが、無難な考えではないでしょうか。

ですが、報奨金はなかなか達成するのが、難しい額に設定されていますし、最高額をもらえる確率はほぼないと言えるかも知れません。

あまり期待すると、後で裏切られることになります。

残業代は別途もらえるのか?

給料はそんなに高くないけど、残業代が入れば軽く手取りで30万円ぐらい超えるんじゃない?と考える人もいるかも知れませんよね。

たしかに週に一回の休みで、1日に1時間の残業があったとすると、単純計算で残業代は月に6万円以上になります。

 

実際はどうなのか?

筆者の経験をもとに、タイプ別に実際の給料を後悔したいと思います。

大手のチェーン店で働いていたときは、残業代は別途支給されたので、給料は40万円以上になり手取りで35万円以上ありました。

中規模のチェーン店では、残業代はみなし残業で、給料(約26万円)に含まれているので、そこまで長時間労働ということはありませんでしたが、給料が増えることはありませんでした。

個人経営に近い居酒屋では、社員で25万円、店長28万円と固定給だったので、どれだけ長時間働いても、休日を返上して働いても、その額しかもらえませんでした。

 

募集要項に特に記載がない場合は、給料にみなし残業代が含まれていると、考えておいた方がいいかも知れませんね。

飲食店の店長の給料はいくらぐらいが妥当なのか?

店長になると、仕事はもちろん、責任も増えて、気苦労も堪えなくなります。

休みの日にも電話がかかってくるし、目標売上も達成しなくてはいけない。

それだけしんどい思いをするわけですが、飲食店の店長の給料は、いくらぐらいが妥当なのでしょうか。

 

もちろん業種や労働条件によってその額は異なりますが、筆者の個人的な意見としては、最低でも手取りで30万円はもらいたいところです。

総額だと37万円ぐらいだから、年収で450万円ぐらい。

これぐらい無いと、店長って厳しいんです。

なぜなら店長になると、何かとお金を出さないといけないことも多くなるし、何かあったら責任を取って減給されるようなこともあります。

実際に従業員のミスをかぶって、3カ月間減給されました。

とても店長の役職手当を少し貰ったぐらいでは、割に合わないのです。

3万円給料が少なくても、気楽な方がいいですよね。

会社によっては、店長に昇給しないようにわざとミスするような人もいました。

飲食店の店長の給料まとめ

飲食店の店長の平均月給は残業代込みで28万円、報酬により30万円以上も可能、といったところではないでしょうか。

ボーナスはあっても、サラリーマンのように3カ月分とかはあり得ません。

数万円~15万円程度がいいところ。

ちょっと業績が悪かったらカンタンに全カットもあります。

年収にすると、336万~360万円程度。

日本の平均年収は422万円ですから、決して高いとは言えない額です。

 

飲食業はあまり年齢が考慮されることはありませんし、継続年数が長くても昇給は雀の涙程度・・。

将来が不安になるのが普通ですよね。

もし店長になっても給料が少ないのなら、他を探した方がいいです。

最低ラインは28万円。

25万円以下ならすぐにでも、唾を吐いて辞めるレベル。

 

くだらない店長という肩書よりも、大事なのはやりがいと将来性です。

マネージャーやその上を目指す、ステップアップと考えて店長をするのならまだしも、そうでないなら、する意味はありませんよね?

世間にはもっと条件のいい飲食店が、たくさんあるのですから。

>>やりがいのある店長候補の求人を探す方法