悩み・トラブル

【飲食】正社員なのに最低賃金より時給が安い!?バイト以下かよ。

時給1092円

”給料が少ない”といわれる飲食業ですが、時給が最低賃金を下回っていれば、笑い事ではありません。

あきらかな違法です!

サービス残業や残業代ばかりが問題視されることが多いですが、元の給料が最低賃金を下回っていたら、それこそ話になりませんよね。

見習い期間だから、試用期間だから、というのは関係ありません。

日本では都道府県ごとに最低賃金が決められていて、特殊な契約を除いては、すべてその基準に達していなければ、違法となります。

月給だと具体的な数字が見えづらいために、誤魔化されている場合が多いですし、ひょっとしたら”アルバイトの時給よりも安い”なんていうことも、十分に考えられます。

何のために辛い思いをして、働いているのか・・。

一度ご自分の給料を”時給計算”してみてはいかがでしょうか?

最低賃金制度とは

最低賃金制度とは、最低賃金法に基づき国が賃金の最低限度を定め、使用者は、その最低賃金額以上の賃金を支払わなければならないとする制度です。

仮に最低賃金額より低い賃金を労働者、使用者双方の合意の上で定めても、それは法律によって無効とされ、最低賃金額と同額の定めをしたものとされます。

したがって、最低賃金未満の賃金しか支払わなかった場合には、最低賃金額との差額を支払わなくてはなりません。また、地域別最低賃金額以上の賃金額を支払わない場合には、最低賃金法に罰則(50万円以下の罰金)が定められ、特定(産業別)最低賃金額以上の賃金額を支払わない場合には、労働基準法に罰則(30万円以下の罰金)が定められています。
参照元:厚生労働省(最低賃金とは)

わかりやすくいうと、日本には最低限支払わなければいけない額が、都道府県別に時給で定められていて、労働者が同意していた場合であっても、会社はその額以上の時給を支払わなければ、労働基準法に違反するので罰金を支払わないといけないということです。

これは社員はもちろん、アルバイトやパート、その他の雇用形態でも同じです。

昔は、料理人の修業中は”教えてもらう身”だからといって、安い給料で働かされることも多くありましたが、それも今は通用しなくなっているのです。

給料が最低賃金以上か計算しよう

自分の給料を労働時間で割れば、時給がいくらなのかわかるわけですが、ただ月給を労働時間で割るだけでは、最低賃金を超えているかどうかはわかりません。

月給

・基本給
・職務(役職)手当
・技能(資格)手当
・残業手当
・皆勤手当
・通勤手当
・家族手当

基本給と諸手当を、月の平均所定労働時間で割ったものが基本の時給となるのです。

(基本給+諸手当)÷ 月の平均所定労働時間

ジュンイチ
ジュンイチ
飲食業の場合だと、諸手当というのは、店長などの役職手当や、調理師免許や衛生管理資格者、防火管理者などの資格手当ですね。

 

残業代や深夜手当に休日出勤手当なども、労働に対する対価ですが、それぞれ時給から割り出した計算になるので、時給とは別計算になります。

賞与や臨時的なものも時給計算には含まれません。

ただし会社によっては、残業代が役職手当などに含まれるなどとしている場合もあるので、就業規則を確認する必要があります。

月の平均所定労働時間とは、法定内(1日8時間、週40時間)で会社が契約で定める時間の月平均ですが、飲食の場合は最大の週40時間を超えていると思うので、就業規則がわからなくても、173時間で割るといいと思います。

40時間×52週(1年)÷12カ月≒173時間

例として
・基本給13万円
・役職手当3万円
・残業手当2万円
・皆勤手当1万円
・通勤手当1万円

この場合だと、基本給の13万円と役職手当3万円の16万円が、時間給の対象となり、173時間で割ると時給が計算できることになります。

16万円÷173時間≒925円

この場合、東京、神奈川、埼玉、大阪、愛知以外の都道府県で、給料は最低賃金に達していないということになります。

 
   都道府県名
最低賃金時間額
北海道 861
青  森 790
岩  手 790
宮  城 824
秋  田 790
山  形 790
福  島 798
茨  城 849
栃  木 853
群  馬 835
埼  玉 926
千  葉 923
東  京 1,013
神奈川 1,011
新  潟 830
富  山 848
石  川 832
福  井 829
山  梨 837
長  野 848
岐  阜 851
静  岡 885
愛  知 926
三  重 873
滋  賀 866
京  都 909
大  阪 964
兵  庫 899
奈  良 837
和歌山 830
鳥  取 790
島  根 790
岡  山 833
広  島 871
山  口 829
徳  島 793
香  川 818
愛  媛 790
高  知 790
福  岡 841
佐  賀 790
長  崎 790
熊  本 790
大  分 790
宮  崎 790
鹿児島 790
沖  縄 790
全国加重平均額 901

参照元:厚生労働省(令和元年度地域別最低賃金改定状況)

イクヨ
イクヨ
最低賃金は毎年10月に改正されます。

時給が最低賃金を下回っていたら

給料を時給に換算してみたら、最低賃金を下回っていた。

そもそも週1回の休みで、毎日十数時間働いて給料が手取り15万だから、当然のごとく最低賃金に達しているわけがない!という人もいるかも知れませんね。

会社に言って、すぐに対処してもらえるような環境ならいいですが、そもそもそんな聞き分けのいい会社が、最低賃金を下回る給料で従業員を働かせるとも考えられません。

店長になら言えたとしても、雇われ店長に、給料を決める権限はないですよね。

ジュンイチ
ジュンイチ
そんな時はどうしたらいいのかな?

答えは「労働基準監督署に相談する」が正解です。

昔は労働基準監督署に相談しても、相手にしてくれないとか、会社にばれて居づらくなるなど言われていましたが、最近は「働き方改革関連法」なども施行され、ブラック企業に対して厳しくなってきています。

匿名で相談に乗ってくれたり、会社にばれないように配慮もしてくれますし、何らかの対処を期待することができます。

イクヨ
イクヨ
とにかくまずは相談してみることですね。

 

たとえ労働基準監督署に相談したことが、会社にバレたとしても、それを理由に不利な扱いをすることは許されていないので大丈夫です。

とはいっても、実際に行動に移すのは億劫だという人が大半ではないでしょうか。

最悪の場合は、退職するときに”今までの最低賃金との差額”を請求すればOKです。

それでも本当に払ってくれるのか心配だと思いますが、労働基準監督署の指導の下に、請求書を作成すれば、監査に入られて罰金を払いたくない会社は応じざるを得ないはずです。

時給が低いと残業代にも影響が!

時給だけではなく、残業代についても、あまりよくわかっていない人が多いと思いますが、時給が安ければ残業代も安くなります。

なぜなら残業代は、時給を元に計算されるからです。

時給 × 1.25 = 残業代/h

つまり時給の25%増しの金額が、残業をしたときの時給となるわけです。

他にも深夜(22時~翌朝5時)は25%増し、休日出勤なら35%増しが、それぞれ加算されます。

時給が1,000円だった場合の残業代は1,250円で、それが深夜ならさらに25%増しの1,500円となり、休日の深夜は25%と35%の60%増しで1,600円となります。

飲食業社員の最低賃金まとめ

月給だと残業代や役職手当だけではなく、通勤手当や家族手当なども含まれるので、自分の給料が実際のところ、どれくらいのレベルなのかわかりにくいですが、時給計算してみることで、あらためて給料というものを見直してみることが出来たのではないでしょうか?

もし最低賃金を下回っていたのなら、アルバイトやパートよりも低い時給で働いていたことがわかったのなら、改善と請求もそうですが、そんな会社は退職した方がいいのは言うまでもありません。

たとえ改善されたとしても、もう先が見えてしまってますよね。

 

そして、次の職場で同じことが起こらないように、転職活動を失敗しないことです。

求人の募集要項は、人が応募してこなくては意味がないですから、少しでもよく見せるために、給料を高く見せようとしているので注意してください。

ジュンイチ
ジュンイチ
募集要項だと、給料の内訳がわからないですよね。

 

特に飲食業だと実際の給料は、働いてみないとわからないということが多いと思いますので、転職を支援してくれるサービスなどを利用して、会社との間に入ってもらいながら転職活動をすることをお勧めします。

面談

せっかく転職をしても、同じことを繰り返す人が多いのですが、これなら働く前に実際の給料もわかり安心ですよね。

 

幸い、飲食業でも労働環境に重きを置く会社が増えてきているので、これからの業界は二分化していくと考えられます。

・これまでのような悪循環が続く会社
・長く働ける環境づくりをする会社

一時はブラック企業の代名詞でもあった「ワタミ」でさえも、離職率の低下を目指して、20%以上あった離職率が2019年には8.5%まで下がっているのはご存知でしょうか?

ホワイト企業大賞特別賞ワタミ
画像元:PR TIMES

ホワイト企業財団が行うホワイト診断結果では87点という高得点を出し、2020年1月にはホワイト企業大賞の特別賞を受賞するまでになっているのです。

「働き方改革関連法」もはじまり、ブラック企業はこれまで以上に浮き彫りになってくるのは目に見えています。

この流れに乗って、少しでも早く満足のいく職場で働けるように行動を起こしましょう。

 

>>失敗せずにホワイト企業に転職する方法