悩み・トラブル

飲食業の転職にベストな時期が知りたい!採用されやすいのは何月?

転職活動

飲食業での転職。せっかくなら、面接が有利な時期に合わせて、転職活動をはじめたいですよね。選択肢も多いに越したことはありません。

一般的な職種の中途採用と違って、サービス業である飲食業では、転職に適した時期に違いがあるのか?それらも含めて、飲食業の転職にベストな時期を調べてみました。

結論から言うと、転職活動をはじめるのは、いつでもいいですが、出来るだけ早めに第一歩を踏み出した方がいいということです。

なぜなら、すぐに転職先が決まるわけではありませんし、結局は企業側のタイミングになるので、余裕を持っておくに越したことはないからです。

ジュンイチ
ジュンイチ
一般的な転職活動の期間は、平均3カ月といわれています。

 

飲食歴20年以上の筆者が、もう少し詳しく説明していきたいと思います。

一般的に転職の時期は春か秋といわれていますが・・

転職フェアが、冬と夏に行われることが多いことからわかるように、一般的には春(4月)と秋(10月)に合わせて転職活動を行う人が多くなります。

イクヨ
イクヨ
つまり3月、9月がピークということね。

なぜかというと、4月には新入社員も入りますし、1年の始まりに合わせて、会社の体制を整える時期に適しているのと、10月は下半期のスタートという節目に当たるということが考えられます。

ではこの時期に転職活動をすることが、最適なのかというと、そうとも言い切れません。

企業は採用に力を入れる時期ではありますが、求職者からすればライバルが増える時期とも言えるからです。

飲食業の転職活動の時期はどうか?

やはり一般の会社と同じく、春(3~4月)に新入社員が入ることが多いですが、中途採用や転職が多い時期というのは、特に無いように思えます。

ひとつ言えるとしたら、繁忙期は避けた方がいいでしょう、ということぐらいですね。

・ゴールデンウイーク
・お盆
・年末年始

繁忙期前から繁忙期が終わるまでは、採用に力を入れている会社は少ないでしょうし、その時期には、現在の職場も退職しづらいですよね。

アルバイトの人出がある夏休み、冬休み、春休みの時期も、会社によっては、人手が余っている可能性も高くなりますが、繁忙期だけ避ければ、基本的には”いつでもいい”といえるのではないでしょうか。

飲食業は常に人手不足というところも多いですし、入ったばかりでも仕事になじめずに、辞めてしまう新入社員もいます。

新店をオープンするので、社員を増やしたいと考えているかもしれません。

つまり、転職活動してみないとわからないわけですが、一般の職業に比べると、今すぐ人を採用したいという可能性は高いと言えるでしょう。

転職活動は少しでも早めに始めた方がいい

飲食業の転職活動をはじめる時期は、いつでもいいとしても、出来るだけ早めにはじめることをおすすめします。

なぜなら、飲食業には「辞めたい」といいながら、辞めるタイミングを逃して、いつまでも働き続ける人が多いからです。

あなたの周りにも、そんな人がいるのではないですか?

在職中の職場の人手不足や人事、繁忙期などを気にして、なかなか先に進めない人です。

すでに退職しているけど、まだ求職活動をはじめていないという人にも言えますが

転職は遅くなるほど不利になるということです。

 

新しい環境でやっていくと決めたのなら、少しでも早く新しい環境に慣れて、そちらに注力した方が絶対にいいに決まっていますよね。

それに転職活動をはじめたからといって、新しい職場がきまるタイミングは、いつになるかわからないわけです。

内定をもらったとしても、入社の時期を指定される場合もあります。

後伸ばしにすれば、他の社員が先に辞めることになって、辞めづらくなるかも知れません。

飲食業の転職活動は、早くはじめるに越したことはないのです。

入社と退社のタイミングが心配

筆者は退職したら、しばらくは失業保険をもらって、旅行をしたり、好きなことをしてから、次の職場を探すタイプですが、ふつうは在職中に新しい職場を決めてから退職することの方が多いと思います。

その方が、面接での印象が良くなりますし、何といっても不安なく転職することができるからです。

ですが、そうなると入社と退社のタイミングを、どうやって合わせればいいのか、心配してしまう人が多いみたいです。

ジュンイチ
ジュンイチ
日本人って、辞める会社のことを気にしすぎる性質なんですよね。

 

でも実際問題むつかしいですよね。

いつ転職先が決まるかもわからないわけだし、いつから入社してくれといわれるかわからないわけですから。

 

ちなみに筆者の場合は、次が決まる前に辞めてばかりだったので、月が替わったタイミングで、今月末で辞めたいと伝えることが多かったと思います。

一応は繁忙期をずらしたりして、会社のことも考えたつもりです。

引き止められることもありましたが、もう辞めると決めてたら、長居してもしょうがないと思っていたので、基本的にはそのまま辞めていました。

 

「飛ぶ鳥跡を濁さず」という”ことわざ”がありますが、あまり会社のことを気にしすぎても、キリがありませんから、転職先が決まったタイミング、もしくは1カ月前に言えば十分なのではないでしょうか。

転職エージェントを通すと何かとうまくいく

転職時期や、退職時期などが気になる人は、転職エージェントに登録して転職活動すると、何かと都合がいいことが多いですよ。

転職サイトなどで、求人を探すのって、一人だと限界がありますよね。

募集要項だけでは、条件もハッキリわからなかったり、どういった人を求めているのかもわかりにくかったりします。

普通はそのまま応募して、面接または書類審査ということになるわけですが、怪しい会社ほど口がうまいので、入社した見たらブラック企業だった、なんていうことになりやすいわけです。

イクヨ
イクヨ
転職した意味がなくなってしまうわね。

 

できれば、誰かに間に入って欲しいと思いませんか?

それが転職エージェントなんです。

しかも今は、飲食業に特化した会社もあります。

 

ハッキリ言って飲食業だと、「デューダ」や「リクナビ」「マイナビ」など、大手の転職エージェントを利用するのは、敷居が高いと思うのですが、飲食に特化した転職エージェントなら、気兼ねなく利用することができますよね。

飲食業の悩みを理解した、プロのアドバイザーが、相談に乗ってくれて、未公開も含めた数多い求人の中から、条件にマッチした求人をすすめてくれるのです。

ジュンイチ
ジュンイチ
転職の時期も気にしなくていいですね。

 

転職エージェントと提携している会社は、募集要項を載せるだけの求人と違って、採用にも力を入れている会社なので、まずブラック企業はいません。

 

もちろん、求人を紹介してくれるだけではなく、入社時期の交渉や、退職のアドバイスももらえるので、無駄に悩まずに、職探しと面接に挑むことができるということです。

おすすめは、今もっとも注目されているクックビズです。


数少ない上場企業なので、安心できますし、なんといっても求人掲載件数が50,000件以上と、業界でも群を抜いています。

イクヨ
イクヨ
満足度も96%!

それに東京都やその周辺のエリアなど、一部の地域にしか対応していない転職エージェントが多いのですが、「クックビズ」なら全国(東京、神奈川、大阪、名古屋、福岡、札幌)の都市に対応しているのです。

いろんな転職サイトに登録して安心する人もいますけど、まずは「クックビズ」に登録して面談をしてもらうことから始めることをおすすめします。

飲食業の転職の時期まとめ

飲食業の転職の時期について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか?

最後にまとめると

飲食業の転職に、時期はあまり関係ありません。

転職が有利になる時期も、飲食業界というよりも、会社の状況によるわけです。

どれくらいの期間がかかるかわからないのですから、出来るだけ転職活動を早めに始めることの方が大事だといえます。

在職中なら、退職の時期も気になると思いますが、常に人手不足や繁忙期などの問題があるので、結局はいつ辞めてもたいして変わりませんから、あまり考える必要はありません。

それよりも、自分の転職を失敗させないことの方が大事ですよね。

飲食特化の転職支援サービス【クックビズ】なら、有料級のサービスを完全無料で利用して、転職を成功させる確率が上がります。